12.17.2010

カラスの対話4

「もう今年も終わりだね。時間が速すぎて、最近はもうついていけないよ。」


「速いってゆうか、なんだろ、昼とか夜のリズムが無くなってる感じ?明るいし、俺ら夜も飛べそうだもんね。」


「それはどうかと思うけど。」


「そういえば、ついに第二弾出ましたね〜コルヴス」


「うん、タイトルは『血と雪』…
何やるんだ、って感じだよね。」


「血はさ、人間の体のかなり大事な部分だし。昔、日本では、血判書なんかで命をかける証文をつくってた。そういう意味では、その個人的な身体のエッセンスみたいなもんだね、血は。」


「じゃあ雪は?」


「雪はなんだろ‥その流れで言うと、なんか自然的なものの結晶、なのかな。ひとつも同じやつは無いんでしょ、雪。すごいよね。」


「そうだね〜。雪って、人間の個人的なものを超えた、ある種の静けさみたいな感じがあるな。しんしんと降りしきる夜とか、雪の降った朝とかいいよね。」


「うん、ところで、日本って最近ほんとに状況悪いね。中国とロシアにはそのうち領土削られそうだし、北朝鮮や韓国もヤバそうだし、アメリカにも円高攻撃でいいようにやられてる。国内政治も無茶苦茶だし。大丈夫かな、日本人。」


「ちょっとダメっぽいよね。」


「日本人が今、自分の国を感じられるのって、たぶんスポーツの時くらいじゃない?かわいそうに‥」


「まぁ、日本人がどうなっても日本のカラスは勝手にやってマス。」


「いやいや。最近野菜が高いじゃん。そのうち食料 難が来て、結果的に生ゴミが減ったら、うちら大変だよ?」


「そうカ〜、そういうこともあるカ〜‥でもそうなったら、また昔みたいに 自然に帰って、何か獲って食べればいいんじゃ‥」


「今さら無理でしょ〜。コンビニとかネットショップとか、マックも24時間だし、もうすごい便利な世の中になってるのに、今さら自然回帰も無いです。」


「すごいって言えばさ、こないだ街のテレビ観てたら、ゲーム業界の特番やってて。今の最新のやつってすごいのね。コントローラーいらなくて、体の動きで敵とか倒せるの。」


「へぇ〜、ヴァーチャルだね。」


「それだけじゃなくて、またすごいのが、脳波で動くラジコン!ロシアの科学者が研究費が無くて、研究を続けるために、最先端科学をエンターテイメント業界に提供したんだって。そのうちゲームに応用されるみたい。」


「もう、カラダ要らないね。」


「う〜ん、時代はそうなって来てるのカ‥」


「とりあえず、踊りとか芝居とか、カラダを使う芸術やってる人間は、これからがんばらないと。」


「そうだな、がんばれ〜!」

11.30.2010

CORVUS第二回新作公演決定!!

CORVUS  Eurythmie  Performance
コルヴス・オイリュトミー・パフォーマンス

『 血と雪 』

期日|2011年3月12日 [土] 19時開演  13日 [日] 17時開演
場所|中野テルプシコール
料金|前売 2500  当日 2800  学割 2000
お問合せ・お申込み|コルヴスオフィス 080-4161-9061 corvus150@gmail.com

■ 構成•演出•オイリュトミー/CORVUS(鯨井謙太郒+定方まこと)

■ 朗唱/佐渡島明浩
■ ピアノ/上田早智子
■ ヴァイオリン/長谷川美夏

■ 照明 _____ 丸山武彦
■ 宣伝美術 ___ 奥秋圭
■ 宣伝写真 ___ 神山貞次郎
■ 制作 _____ のぐどらしる
■ 協力 _____ 天使館


主催  CORVUS

6.08.2010

御来場ありがとうございました




関係者並びに、ご来場くださいましたみなさま、

場を共有し、作品を完成へとみちびいてくださったみなさまに

こころより感謝申し上げます。

ありがとうございました。


6.06.2010

制作にっき8

本日は満員御礼ありがとうございました

窮屈でみづらかったお客様、すいませんでした

明日も15時と19時半の、二回ございます

是非何度でもお出かけください

スタッフ一同おまちしております

6.04.2010

制作にっき7

今日は最後の稽古を終えてどんな心境のカラスたちなのでしょうカ?

明日劇場入り、あさってから三回公演です。

みなさま是非おいでくださいませ。


ご予約はこちらへどうぞ〜
corvus150@gmail.com





5.31.2010

制作にっき6

  


きょうは8人でテルプシコールへ行きました


5日後にはここで何がおこるのでしょうか


カラスもいっぱい集まってくれることでしょう


ご予約はこちら。
corvus150@gmail.com









制作にっき5





今日は、国立で稽古でした


音楽家の美女三人が来ました


CDと生演奏は、あたりまえだけど、ぜんぜん違いました


なまの音は海にもぐったように全身でかんじるですね


とにかくすばらしい演奏、ぜひみなさまに聴いていただきたい


今日はカラスたちの足音もものすごかったです







5.30.2010

制作にっき4





きょうは、昭島で稽古でした


音響てつだってくれる浅見さんと、照明の古矢さんが来ました


カラスたちは衣装をつけました


帰るとき、カラスたちがまだ汗びっしょりで真っ赤になっていました


息が白かったのでびっくりしました



5.29.2010

カラスの対話3







「久しぶり」


「お。久しぶり〜。元気カ〜?」


「いやぁ、最近天気が不安定で気温も上下してるからか、なんだか体調悪くって‥」


「そうカ〜。昨日も都心でゲリラ豪雨あったし。当たり前になってるけど、最近けっこう天気が変だよね。」


「天気って意外にバカにできないし。」


「そうそう、人間達って、無意識のうちに天気に支配されてること多いみたいだし。」


「例えば?」


「一番あるのは味覚みたいだよ。食い物屋でその日に良く出るメニューが、その日の気温と湿度で大きく変わるって。」


「ふ〜ん」


「後から入って来た人間が、前の人間と同じモノ頼んだりしてない?だから天気と連動した仕入れする、フード・アドバイザーとかいるらしいよ。」


「なるほど〜。それで今日は、塩分強めのゴミが多いのカ〜。
‥そう考えるとあいつら、自分の食べたいものを食べてるつもりで、実は天気に支配されてるんだね。かわいそうに。」


「環境によって、カラダってかなり影響されるからな。

天気って言えば、最近太陽がヤバいらしいね。」


「ヤバいって何が?」


「太陽ってさ、昔は11年とかの周期で強くなったり弱くなったりしてたじゃない?」



「うん、黒点のヤツでしょ。え、今は違うの?」


「今はあんまし関係なく、次第に強くなってるみたい。」


「またまた。」


「いやいや、イギリスの学者さん達が言ってるよ。温暖化は、二酸化炭素あんまし関係無いって。火星なんか、地球の約4倍のスピードで温暖化してるみたいだし。」



「へ〜。それで最近、太陽が出てると暑くなって、雨だと寒いのカな。」



「ま、それだけじゃないとは思うけどね。」



「じゃあこれから、カラスくるんじゃない?コルヴス。一応、古代は太陽の化身だし。ヤタガラスとか中国の白いカラスとかいるしさ。」



「いや、別にカラスこないでしょ‥。むしろ太陽って言ったら、アマテラスとかアポロンじゃない?」



「そうですカ‥ アポロンとかって、あんまし好きじゃないんだよね。なんか冷たい感じするし。」



「アポロンはカラダに外側から関わるからね〜。内側から燃やす神さまとは違うけど、それはそれでアツいんだよ。だってほら、ガスの火も青から無色のとこが一番熱いし、星だって青白いヤツの方がぜんぜんエネルギーあるんだよ。」


「わかるけど。なんか、内から燃え上がるパッションが無いと、やった気がしない時あるじゃん。」


「うーん、まぁわからないでもない‥。外からカラダを感じて動かすのって難しいんだろうね。ただ単に、脳が指令を出して、筋肉を動かすってことじゃなく。」



「そうだね。カラダって、機械じゃないからなぁ。」



「でも、最近の流れは、カラダは物質で脳はデジタルな電気信号の回路、って感じじゃない?実際、脳に電流を流したりして、感情をコントロールできるみたいだし。」



「うーん、例えばロボットなんかは、外から命令なりプログラムなりを入力されて動くわけでしょ?それが外からカラダを動かすってこと?」



「いやいや、そういうことじゃなく。ハトとかスズメとか、あと渡り鳥みたいなやつらってさ、同時に方向変えたり、同時に飛んだりするじゃない。あと魚とか。あの気持ち悪い動き。あれはある意味、外からカラダを動かす感じだよね。まぁ、あいつらは動かされてるんだろうけど。」



「あ〜、あれは気持ち悪いな〜。何、ああいうのやりたいの?」


「まさか。ただ、人間達のカラダにも、どっかそういうところあるんだろなって。無意識に。」



「あいつら、そういう動きを意識的にやろうとしたらどうなんだろね。」



「うーん、俺たち鳥は基本は空気とか風で、魚は水が媒体じゃない。今の人間達はなんだろ。デジタライズされた空間かな‥」



「なにそれ。よくわかんないけど、なんか虚っぽいね。」



「いや、アポロンとかグローバリゼーションとかそういうマクロ的なものって、拡散して行き着くところは虚っぽいとこなんじゃない。」



「でもそういう、なんだっけ、デジタライズされた空間?って、要するに今の時代に外に現れてきてるだけで、人間達のカラダには、なんか別の感覚として既にあるんじゃない?



「あ〜、カラダって、蛍光灯の点滅1秒間に50回を無意識にカウントしてたりするみたいだから、ウェブ上を流れるものすごい情報のスピードにもついていけてるのかも。」


「いや、そういうのもあるだろうけど、そういうんじゃなくってさ。むしろそれよりカラダの方が速いんじゃない、ってイメージ。」


「それはどうカな〜。」


「速いって言っても、時速とかではないよ。例えば、時代の速度なんかは、1秒の長さが変わらない機械にはわかんないよね。」



「あ〜、最近時間の流れは絶対速くなってる。仔ガラスの頃は1日が長かったな〜‥」



「もう5月終わっちゃうね。」


「ヤバいね〜。」

5.28.2010

制作にっき3





きょうは、ヴァイオリンの長谷川さんとカラスたちの稽古を見ました


15分くらいの曲です


演奏って全身運動なんだ、


それなのに長谷川さんはいつもヒールをはいててすごいなって思いました





5.25.2010

制作にっき2





今日は、照明の丸山さんと(お子さま連れ)、古矢さんが稽古場に来ました




照明プランを練っています




プロの仕事をとなりで見れて感激でした




丸山さんの子どもがかわいかったです





5.24.2010

制作にっき1





今日は、東北沢で稽古でした


初めて行ったのでちょっと迷いました


初めてピアノの上田さんと、ヴァイオリンの長谷川さんと、チェロの矢巻さんのトリオの演奏を聴きました


やっぱり生演奏はかっこいいと思いました



4.10.2010

カラスの対話2


「やっと春らしくなってきたカ〜?」



「そうね。」


「春になるとまた、ちょっとヤバい人間が増えるな。」


「そうカ?最近はあんまり春とか関係ないんじゃない?
最近の人間達のカラダ、
昔に比べてすっかり変わっちゃったからな。」


「どんな風に?」


「いやだって、ほんの十数年前までは、みんながケータイ・パソコン持ってるなんて、考えられなかったし。」


「それって、カラダが変わったってこととは関係無くない?」


「いやいや。カラダって言っても、別に身長とか体型じゃなくて。


「それはわかってる。」


「例えば時間の感覚とかさ。
今の人間の時間感覚、昔よりかなり速くなってると思うよ。」



「それはあるかも。今の1年なんか、
体感的には昔の1ヶ月くらいじゃない、どうなの?」


「そうねえ、あいつら無料モバゲーやり過ぎで、体験が薄くなっちゃったんじゃない(笑)。
あ、でも普段生きてる時は、一概には言えないカ。
楽しい時間や集中してる時間は速く過ぎて、嫌なことは長く感じてるみたいだし。」



「よく観察してるね〜。」


「いやいや。今の人間って、
カラダってボディのことだけだと思ってるじゃない。
でも、感覚とか周りの空気とか含めてカラダでしょ、本来は。」


「それは当たり前。」


「でも、その当たり前が崩れちゃってる社会だから、春とか関係なく
ヤバい人間多いし、ところ構わず犯罪とか起きちゃう。」



「ま、俺達カラスには関係ないカ。」


「そうねえ、カラス目線で言わせてもらえば、
人間達のカ題は、こんな時間が液体化しちゃってるような時代に、
いかに一瞬をカラダで体験できるかってところですカ。」


「お〜、カッコいい〜」


「まぁまぁ(笑) 要するになんでもいいんじゃない、ライヴやってるミュージシャンでも、舞台やってる役者でもダンサーでも、」


「オイリュトミーやってる人間は?」


「まだ観たこと無いんだよね、それ。」




「お前、とりあえず1回観といた方がいいよ。」




「あ、そう‥? じゃあ、ちょっと中野まで観に飛んでみるカ〜。」





3.10.2010

カラスの対話


「ついにチラシ出来上がりましたね~」


「うん、いいチラシ。CORVUS始動!!って感じ。」




「今まで男二人のオイリュトミーユニット公演って
あんまりないんじゃない?」









「そうかもね。男二人のイメージってなんだろね?…禁色とか?」









「う~ん、兄弟とか双子?」









「異母兄弟、異父兄弟とか、グリムとか神話にもよく出てくるよ。」









「そうだね…ところで最近よく思うんだけど、
これからの時代っていうのは、
本当の意味で「個」の力が試されるっていうかさ、

まぁ今さらっていう感じかも知れないけど、
ユニットでもカンパニーでも、言っちゃえば運命共同体とか、
日本民族とか、人類60億とかいっても、
やっぱりすべては一人一人のカラダに懸かってるって、


そう思いません?

現にいまこ社会が荒廃してゆくことと、
とても無関係じゃいられないし、
それを一人一人が受け止められるかね、

やっぱりそこじゃないかって。

もうそこら中、現代の廃墟みたいな風景ばっかりじゃない?
そういう廃墟がやっぱり自分の内にもあると思うし。

もしかしてカラスって、そういう場所にいる鳥かも。」









「うん、今2010年だけれど、
時代はすごいスピードで変化してるよね。

ケータイの新機種がどんどん出て、
その流行りに乗せられちゃってるみたいなのじゃ、
もうぜんぜん遅いんで、


踊るんだったら、今この時代や文化の未明に立って、
人間のカラダが時代を引っ張ってるってくらいじゃないと、
そうやって時代を超えていくくらいの衝動がないと、

もうダンスやろうがオイリュトミーやろうがダメって感じ?」











「そうかも…
 あっ、今どこかで、カラスが鳴いた?」









「……。」









「夜明けが近いんだね。」











カァ!









3.09.2010

チラシ到着!

今日ついにチラシ到着。予想以上に良い出来である。この表情。デザイナーの奥秋さんは、何故この写真を選んだのだろうか‥
とりあえず、定方、鯨井、制作のぐどらの3人でひたすら1500枚を折ること2時間半。全て折り終わるまでの道のりは、まだまだ遠い‥。

「PSALM」のチラシを作ってくださったデザイナー奥秋圭さんのブログにもチラシ制作秘話が載っています。→『画餅作業室日報』http://enikaita.exblog.jp/




2.16.2010

『PSALM』プサルム ー裏返しの讃歌ー 出演者プロフィール













        定方まこと/ Makoto SADAKATA

1978年札幌生まれ、新潟で育つ。1996年より笠井叡にオイリュトミーを師事。
オイリュトミー・シューレ天使館第二期卒業生。2年間の舞台専門課程を経て、現在はペルセパッサ・オイリュトミー団に在籍。『黄金伝説』『透明迷宮』シリーズなど、出演公演多数。
昨2009年秋には、笠井叡イタリアツアー『ダンスと神話』に参加、Rinoceronte』(ローマ)、『STORIA DI UN DIO FALLICO』(ナポリ)に出演。
ペルセパッサ・オイリュトミー団公演では、群舞作品・ソロ作品を多数発表。昨年は同団主催のワークショップにおいて、講師も務めている。牡牛座、B型。



                     鯨井謙太郒 / Kentaro  KUJIRAI


オイリュトミスト。1980年仙台生まれ。2002年より笠井叡に師事。オイリュトミーシューレ天使館第三期修了。その後二年間のオイリュトミー舞台専門コースに進み、作品を発表。
2008年高橋悠治×笠井叡「透明迷宮」(シアタートラム)に出演。
11月初自主公演「鉱物悲譚」を松本市ヴィオ・パーク劇場にて行なう。翌2009年東京(中野テルプシコール)、宮城(仙台市青年文化センター にて上演する。八月、ゲネリス第一回公演「犀」(吉祥寺シアター)に出演。九月、笠井叡イタリアツアー(ローマ、ナポリ)に参加。2010年ペルセパッサオイリュトミー団に新加入。時代の未明に向けて、日々カラダの開拓に励む。




朗唱/野口泉 Izumi NOGUCHI
大学在学中より櫻井郁也のオイリュトミークラスに参加(1999年)
笠井叡主催オイリュトミーシューレ天使館第三期(2002-2006)2年間の舞台実習コースを修了(2005-2007)
近年、笠井叡×高橋悠治『透明迷宮』(シアタートラム)
『フーガの技法』(国分寺市立いずみホール)など
多数のオイリュトミー公演に出演



  _____________________________________




◇上田早智子 Sachiko UEDA(ピアノ) ◇






◇長谷川美夏 Mika HASEGAWA〈ヴァイオリン〉◇
7歳よりヴァイオリンを始める。国立音楽大学卒業後、渡仏。
パリ・エコール・ノルマル音楽院、サン・モール/ブーローニュ国立地方音楽院卒。
フランス各地の音楽祭等に多数出演。帰国後、笠井叡×荻野目慶子『サロメ』やオイリュトミー公演で演奏する他、室内楽やオーケストラ、ミュージカルや歌手・俳優のライヴ等、多様なジャンルで演奏活動中。






◇矢巻美保子 Mihoko YAMAKI <チェロ>◇
桐朋学園大学付属カレッジディプロマコース修了。日本演奏家コンクール弦楽器部門で入選。
これまでにチェロをヴァーツラフ・アダミーラ、音川健二の各氏に、室内楽を藤井一興、毛利伯郎の各氏に師事。
現在室内楽などの演奏活動の他、音楽教室の講師を務める。