8.28.2014







whenever wherever festival 2014
『発する身体 when a body utters』



構成・振付・オイリュトミーフォルム 鯨井謙太郒

テキスト 城戸朱理

2014.9.27.Sat 19:00 start

森下スタジオB

出演  定方まこと  鯨井謙太郒  城戸朱理







「文字」を、「コヱ」に帰し、「コヱ」を、「コヱ」以前の、「ス」に帰すべし
これ「カラダ」なくしては、出来ぬことなり
「コトバ」の復活劇のはじまりはじまり

そもそも「コトバ」なくして、「モノ」はなく、「モノ」のあるところ、はじめに「コトバ」あり
これ「コトバモノ」の第一義なり

然るに、現在「コヱ」なく、「モノ」もなく、ただ「コピペ言語」のみ、ソコ、ココに

偽造言語による鏡像時代の到来?

もはや「カラダとコトバの結び目」が、真実最後の砦
さすれば、われわれ、最後の「コトバモノ」なり!!

詩人と、ダンスと、オイリュトミーによる、今宵は、焔と燃えあがる、秋!!